スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

色々ですよ

今回は特に駄文だよー
絵描きとしてはなんら関係ない文だけどもなんとなく形に残しておきたかったので書いちゃうよー



自分は精神的に強い方では無いとは思うが、物事の割り切りをかなり極端に
つける方なので何か物事で失敗した時の絶望感や挫折感を引っ張らないようには生きてきた、
そのせいか周りには変人扱いされたりする事もあるが、何事においても自分の理解出来ない
考えや状況を全て変人だの非常識だので切り捨てる奴の方が俺から言わせれば変人だよ。
見聞きしなくてもいい事とただ見聞きしたくない事を混同し、畜生が吠えるかの如く
ただひたすらに文句を言い暴言を吐いているだけで物事が好転するわけ無いだろう。

と、こんな戯言は置いといて。

絶望感うんぬんのくだりを書いておきながら今物凄く精神的にまいっている、
というのも、十年間の付き合いのある猫の体調がとても悪い。
元々体の弱い子だったので長くはないんだろうとは思っていたし
いざと言う時の覚悟はしていたつもりだが、ここ一ヶ月あまりで急激に
弱ってきてしまい、正直言って心の準備がまだ出来てない。

自分の人生の中で猫に対する認識を変えてくれたとても面白い、そして愛らしい猫だった
猫との本格的な付き合いはこの子が始めてだったのだが、猫はもう少しサバサバしてるイメージだったのに
この子は物凄い甘えん坊で最初は驚いたものだ、猫は女性的と言われる事もあるが
女性というより甘えたい盛りの幼い子供と言った雰囲気。

家にいるときに少しほっておくといつの間にか足元に来て、すこし甲高い鳴き声で自らをアピールし
手をだすと抱かれる姿勢をとりそのまま抱っこして撫でていると喉を鳴らしながら寝てしまう、そんな子。
そういえば俺の髭をおっかなびっくり触り続けるのも可愛かったな。

そんな甘えん坊の子だったけど、今は動物用のベッドの中で今にも止まりそうなか細い呼吸をしている、
ただの風邪だと思っていたのが数日前、実は風邪とは別の所で内臓が悪くなっていたなんて気が付かなかった。

体温が急激に下がり黄疸も出てきて、正直もう長くないのは理解している、今までの人生で
人間も動物も結構な数の別れを体験してきたけれども、やっぱりこんな事は慣れられるようなもんじゃない。

正直何をするにしても猫が気がかりで落ち着かない、唯一の救いは職業柄常に家にいられる事、
平日の昼間であろうがなんだろうが緊急の場合は動物病院につれていける安心感は大きい、
や、厳密には常に仕事あるからそこまで自由じゃないんだけど…編集さまゴメンなさい、仕事頑張ります。

取りあえず今やれる事をしっかりやって、やらなければいけない事も消化していかないとね。
[ 2010/10/16 13:04 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tskbar.blog108.fc2.com/tb.php/26-1b4b3482


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。